ペンで書いた点とデジタル情報を繋ぐ技術(mIDoT)の
活用アイデア
NEC主催

最優秀賞(商品化検討+100万円)

より確実で安全な整備・修繕・建築作業を実現するインパテ「mIPatE」

詳細な整備・修繕・建築作業の作業情報を各パーツに埋め込む事により「いつ・何処で・誰が」作業を行ったのかを明確にする。 これにより、より確実で安全な作業が可能となる。

Kino
投稿者

monoe
チームメンバー

審査講評
実際の現場で起きている切実な課題を捉えていること、mIDoTを活用した解決策が現場の利用者・業務フロー・扱うモノ・情報と親和していること、というソリューションとしての最重要のポイントを最も満たしているビジネスコンセプトでした。また今回対象とした航空機だけでなく、同じ課題を持つ多業界への展開可能性が大きいことも高く評価しました。

優秀賞(商品化検討+50万円)

真贋判定を特徴とした美術品取引プラットフォーム

課題:美術品の流通に関してはその真贋判定が問題となり、市場の拡大が限定的となっている。真贋が不明瞭な美術品の取引に対しては慎重にならざるを得ず、芸術家の作品の流通を妨げているという現状。

Hiroshi Yamagishi
投稿者

Keisuke Yasuda
チームメンバー

坂中雄紀
チームメンバー

横山 諒平
チームメンバー

審査講評
mIDoTを基盤技術として流通プラットフォームサービスを新たに展開するという、NEC内部からは出てこないスケールが大きくディスラプティブなコンセプトであることを高く評価しました。NEC自身がプラットフォーマーになれるのか、など実現のハードルが高く評価が分かれる部分もありましたが、トレーサビリティを「守り」でなく、流通の活性化という「攻め」に使う新規性は全員が高く評価しました。

優秀賞(商品化検討+50万円)

スタンプICレコーダー(録音データ検索用のインデックスを手軽に作成できるICレコーダー)

音声再生時に、聞きたい場面の検索に手間がかかることが、現在市販されているICレコーダーの課題です。 聞きたい場面を聞くためには、その発言のあった大体の時間から探すか、録音中にICレコーダーを操作してインデックスを入れておくしかありません。 長時間の録音になればなるほど、手間が増えてしまいます。 今回の提案は、会議や取材などで手書きのメモとICレコーダーの録音を併用する人向けのものです。 録音時のインデックス作成と再生時...

堀 悠貴
投稿者

水野俊佑
チームメンバー

審査講評
既存のボイスレコーダーの課題を見事に解決するだけでなく、ユーザーの操作を最小化し、1アクションで使える、使い勝手の優れたデバイスの形を提案いただきました。さらに、NECが事業を行う上で、文具に留まらず、救急隊員向けなど具体的な業務利用の場面を挙げ、その展開可能性を示してくれた点も高く評価しました。

総評

この度は、NEC主催「ペンで書いた点とデジタル情報を繋ぐ技術(mIDoT)の活用アイデア」の募集コンテストへ多数のご提案をいただきありがとうございました。mIDoTは一見分かりやすい技術ではありますが実現形態によって様々なメリット/デメリットが生じる複雑な題材だったと思います。これらを理解いただいた上で、ビジネスのアイデアの提案をいただくという難題にも関わらず、大変多くの優れた提案をいただけたことにプロジェクトメンバー一同感銘を受けました。

いただいたご提案は152件にものぼりました。ここから、プロジェクトメンバーにて評価を行い、10案のコンセプト提案を1次審査通過とし改善フェーズへと進めさせていただきました。改善フェーズでは、1か月弱の限られた期間の中で、投稿者、改善チームメンバー、弊社メンターの間で議論を重ね最終案を作成いただきました。提案時のアイデアを深く突き進めてビジネスアイデアに仕上げていただいたチームもいれば、途中でより重要な課題や別の解き方を見つけ大胆にピボットされたチームもいました。どのチームも開始時点から、見違えるレベルまで引き上げていただけました。

半日を使い事前の予備審査を行っていたにも関わらず、最終審査会ではいずれの発表も素晴らしく、審査員の議論が白熱し審査時間を超過してしまう場面もありました。このようにして、課題の切実さ/解決策の総合的な適合性/mIDoTであることの必然性/ビジネスモデルの実現可能性/市場性/新規性の6つの評価観点に基づいて、3件の受賞コンセプトを選定させていただきました。

今後、受賞コンセプトをさらにブラッシュアップし、事業化の可能性を検討していきたいと思っております。本プロジェクトは一旦これで終了となりますが、今回皆様からいただきました沢山の想いを形にし、mIDoT技術が今後社会や皆さんの生活のどこかで使われるよう一同邁進してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。