画像認識・AR技術の活用で、子供・小中学生が日々の暮らしで省エネへの取り組むを促進するサービス

あなたがデザインするTEPCOの次世代サービス
投稿 : 2019/12/29(日) /  公開

メンバー紹介

dinoZ
投稿者

須田 仁之
チームメンバー

shunnshu
チームメンバー

Eric Peng
チームメンバー

■自己紹介
・中国の大学で工業デザイン学科を卒業後、日本に留学し、2017年早稲田大学基幹理工学研究科表現工学専攻(Media Design研究)を修了。
・現在、外資系コンサルティング会社の3年目。会社では、AIなど最新テクノロジーを使ったPoCやデリバリーを複数経験。

■デザインコンペ実績
・Loft & Fab Award 2016 一次審査通過
・FUTURE SERVICE DESIGN AWARD 2016 入選
・バリアレスシティコンペティション2017 三井所賞

45歳。ITベンチャー界隈。事業企画・経営企画。
20代:イマジニア社長秘書、ソフトバンク放送子会社立上げと株式上場(IPO)、YahooBB事業立上げ→30代:アエリアCFOでIPO、ベンチャー支援 現在:複数スタートアップの役員・アドバイザー。関与先弁護士ドットコム、クラウドワークスが株式上場

詳しくはコチラ
https://creww.me/ja/account/kimiyuki-suda

大手コンサルティング会社でテクノロジーコンサルティング業務を約3年経験した後、2019年に独立してAispel株式会社を設立しました。主に、AIソリューション、Webシステムの提案・開発・運用を行っております。

課題や欲求

2015年9月に国連で開かれたサミットの中で、2030までに達成すべき17の目標(SDGs)が発表されました。
「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、「住み続けられるまちつくりを」、「つくる責任、つかう責任」、「気候変動に具体的な対策を」…。これらの目標を達成し、持続可能な社会を実現するため、我々一人一人が問題意識を常に持ち、自発的に省エネを意識した行動をしなければいけません。

都市化や技術の発展によって、電気は私たちの生活の中心的エネルギー源として、その重要性および需要はますます増えています。しかしながら、電気などのエネルギーの恩恵を受け、暮らしが豊かに、便利になっている私たちの多くはそれが当たり前の生活だと思い、省エネを意識することなく、日々の生活で必要以上のエネルギーを消費している現状です。

より良い未来を作るため、生活に不可欠な電気·エネルギーを提供し、便利で豊かな生活を与えるだけでなく、エネルギーの消費による環境問題などを現状を人々にわかりやすく伝え、一人一人が省エネに取り組む意識や行動を促進させる必要があります。

ソリューションと提供価値

その一つの解決の方向性として、将来のエネルギー需給構造を支える将来の人材を育成することが重要だと思っています。

児童、小中学生をターゲットに、画像認識、AR技術を活用し、電気・エネルギーと日常生活の関わりに関する情報をデジタル化し、わかりやすく伝えることができます。
また、日常生活の中で彼らができる省エネ行動およびその行動による世界規模での良い影響を提示し、彼らの省エネ意識やエネルギーに関するリテラシーを向上させるだけではなく、自分の両親との日々のコミュニケーションを通して、家族単位で省エネを意識することによって、自ら省エネ行動を実践できるように促進させるサービスです。

コンセプトの詳細

「AR、画像認識の活用」

・AR技術の活用で日常生活で様々なエネルギーの使用をわかりやすく見える化し、それに関する省エネのコツを教えることで、子供や小中学生が自発的に省エネ行動を実践するチャンスを提供します。
 
・画像認識の活用で省エネ行動の結果を簡単に確認できます。毎日家のメーターを読んだり、電力消費を自分で記録せずに、「LittleBitGreen」モバイルアプリを使用することで、メーターをスキャンし、画像認識で数値を読み取り、自動で日々の電力使用量をアプリ上登録することができます。その結果、日々の行動を改善し、効率的に省エネに取り込むことが可能です。また、短時間で少ない手間で電力消費や省エネ対策ができるため、省エネ行動の習慣化にも促進することができます。


「省エネ行動を日課とする」

①まずは、自宅電力使用状況を確認します。
「会員登録」、「自宅形態・世帯人数の入力」によって、自宅の電力使用、一般家庭や省エネ上手な家庭との比較などの情報を確認します。

②次は、目標の設定をします。
自宅の電力使用状況によって、「LittleBitGreen」はユーザーに達成可能な目標を推薦します。

③目標を達成するため、省エネ行動を実践します。
「LittleBitGreen」はユーザの目標を達成させるため、毎日3つぐらいの「省エネタスク」をユーザに送ります。「毎日ミッション」を達成するだけでなく、ユーザは「LittleBitGreen」のAR機能を使用することで、家のエネルギーの使用状況を確認し、自分の両親と協力し合いながら、自発的に省エネ行動を実践することで目標を達成することができます。

④日々の電力使用量を記録し、その結果によって自分の行動を改善します。
毎日「LittleBitGreen」を使用し、メーターの数値をスキャンし日々の電力使用量を自動登録します。「LittleBitGreen」はそれらの情報によって省エネ行動の結果を見て、より効果的な省エネのコツを提供します。

⑤最後、自分の省エネ行動による良い結果を発信します。
目標を達成すると、家電量販店で利用できるエコポイントがもらえるだけでなく、自分の行動による良い結果がわかり、その結果をSNS上で発信することができます。(例えば、ユーザの省エネ行動によって、「発展途上国の同じ世帯人数の家庭でXX日の電力使用量を節約した」などの情報を提示します。)