社外との共創で
ユニークなビジネスを
創出します

貴社の事業開発で
こんな課題はありませんか?

  • 社内ではマンネリ化した
    アイデアしか出ない

  • 顧客像やニーズの見える
    商品開発ができていない

  • 自社の技術や素材の
    活用先が見えない

  • 社内アイデアを事業化に
    結び付けられていない

その課題、Wemakeで解決できます

Wemakeは多様なスキル・発想を持つコミュニティと貴社の社員がオンラインで共創することで、 貴社ならではの新規ビジネスを生み出すことができるオープンイノベーション実践プラットフォームです。

Wemakeの仕組み

200案から絞り込んだ有望な5~10案を、
改善してから採択の検討できる独自の仕組みです。

Wemakeの3つの強み

1
プロジェクト経験豊富な
担当者が募集テーマの設定支援

多くの企業とのプロジェクトを成功させてきた担当者とともに、貴社の課題を解決する募集テーマを設定します。

2
社外の多様なコミュニティから
約200案の企画が提案される

デザイナー、エンジニア、マーケター、起業家など1万人を超える社外の優秀なコミュニティから約200案の企画が提案されます。

3
仮説検証と改善を終えてから
採択する企画を検討できる

提案者を中心にしたチームで企画の仮説検証と改善を行い、顧客像やニーズが見える企画を採択することができます。

多くの企業で
ご利用いただいております

ご利用開始までの流れ

STEP 1
まずはお問い合わせ

経験豊富な担当者が貴社の課題や求める成果などをヒアリングし、開催するプロジェクトの方向性を詰めていきます。

STEP 2
募集テーマの設定

求める企画の領域や方向性、成果物の具体例などを整理し、質の高い企画がより多く集められる募集テーマを設計します。

STEP 3
ご契約と開始準備

契約書を締結させていただいたのち、広報やコミュニティ向け説明会などプロジェクト開始に向けた準備を行います。

STEP 4
募集開始

準備が整い次第、コミュニティへの募集を開始します。また募集開始2~3週間後を目安にして説明会を開催します。

運営チーム

募集テーマ設計から改善プロセス設計まで、
私たちが丁寧にサポートさせていただきます。
Wemakeの導入についてご興味がございましたら、
まずは一度お問い合わせください。

メディア掲載