研究者の困りごとを解決して
QOLを高めるサービスアイデア
アズワン株式会社主催

最優秀賞

未公開

AIによる採択される申請書の自動作成/育児等で研究中断中の研究者による申請代行、プレゼン資料作成代行

Yoshimi
投稿者

Mami Furukawa
投稿者

野瀬健二
チームメンバー

審査講評
アカデミア研究者の研究予算申請時のリアルな課題からの提案で、かつ弊社で今まで手掛けていない領域のテーマであり、非常に興味深い提案でした。ソリューションも、自宅でもできる副業による支援など、時代にマッチした提案でした。研究者の雑務を取り払う新しい価値の実現を行ってみたいと思わせる内容でした。

優秀賞

未公開

Research Connect

mizuha
投稿者

TATSUKI KUBO
チームメンバー

審査講評
産学連携のラストワンマイルが埋まらない現状の課題に対して、セレンディピティの要素を取り入れたオンラインのソリューションを提案頂き、非常に面白い提案でした。リアルイベントでの出会いが減り、異分野の研究者同士が出会う新たなオンラインツールとして価値の実証を行ってみたいと思わせる内容でした。

特別賞

未公開

棚卸作業を便利に楽しく!アズワン資産管理システム~アズイズ(As is・そのまま!)~

GreatScott
投稿者

Tetsu.N
チームメンバー

審査講評
消耗品など物品管理のリアルなお困りごとから、管理の手間を削減、いつでもモノがある安心感を提供するソリューションを提案頂き、また当社既存事業ともシナジーのある面白い内容でした。ソリューションについて、複数のモデルを提案頂き、ユーザーの状況に応じた課題解決の実証を行ってみたいと思わせる内容でした。

特別賞

未公開

休眠特許を利活用する 産学民連携の知財マッチングサービス

Shuta Tokuda
投稿者

Ueda Tosinori
チームメンバー

Kiryu 貴流
チームメンバー

noriaki miyake
チームメンバー

五十嵐 直敬
チームメンバー

宇野公二
チームメンバー

dnl-projcect
チームメンバー

井上 直樹
チームメンバー

審査講評
世の中の様々なビジネスマッチングサービスの中で、休眠特許という社会課題に的を絞ったソリューションの提案が、当社が解決したいテーマにも合致しており、非常に興味深い内容でした。ソリューションの実現には、休眠特許をわかりやすく表現する翻訳クリエイターが肝になりますが、今後実現に向けた実証を行ってみたいと思わせる内容でした。

総評

この度は、アズワン株式会社主催、「未来をつくる“研究に携わる人”のQOLを高めるサービスアイデア 」へたくさんのご提案を頂き、誠にありがとうございました。我々にとっては初めての試みであり、研究に携わるみなさんが現状抱えている課題に対しどう解決するか、という難しいテーマであったと思います。
結果的には、100件を超えるご提案を頂き、思いも付かないコンセプトも多数ございました。プロジェクトメンバーにて一次審査を行い、4案を改善フェーズへと進めさせて頂きました。改善フェーズでは、約1.5ヶ月チームメンバーと我々で議論を重ねながら最終案にブラッシュアップし、社外の色々な方と一緒に事業案を作り込む経験は我々にとって非常に貴重な体験でした。また、今回の最終発表会では、ご提案者の熱意あるプレゼンを直接肌で感じたいという、弊社代表取締役社長の意向により、感染症対策を徹底した上で、今まで練り上げた案を対面でご発表頂き、非常に盛り上がりのある発表会を開催させていただくことができました。
みなさまのおかげで質の高いコンセプトを共に創り上げることができました。改めまして本プロジェクトにご協力を頂いた全ての方に、厚く御礼を申し上げます。
Wemakeを利用した本プロジェクトはここで一度終了しますが、研究者の課題解決のための事業視点ではここがスタート地点であることを忘れず、今後は受賞作の事業化可能性の検証を行って参ります。事業化に結び付けられるよう進めて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。