光学迷彩ガラス

GLASS INNOVATION CHALLENGE
投稿 : 2017/11/11(土) /  公開

メンバー紹介

kdkzyn
投稿者

noriaki miyake
企業担当者

muro
企業担当者

yohei kawai
企業担当者

斉藤 信太郎
企業担当者

yas
チームメンバー

建設会社会社員47歳。一級建築士。専門は、先端産業施設の企画・設計・マネジメント。業務外で神戸や東日本震災復興や高齢化社会、地球環境保全、スマート社会に関するアイディアの企画や技術提案、社会活動を20年以上継続している。
Wemake参加歴:石塚硝子-最優秀賞 AGC・NEC・JR西日本・東京電力・常盤精工-ファイナリスト。
デザイン受賞歴(個人):
■高齢社会提案:NIKKOデザインコンぺ-2017-最優秀賞、第5回札幌国際デザイン賞-佳作/高齢者いきいきアイディアコンテストー佳作
■環境社会提案:第1回ウッドトランスホームシステムコンペ最優秀賞(同実施作品空間デザイン賞入選)/SDA-AWARD2016-最優秀賞/SDA-AWARD-2017-地区デザイン賞/セントラル硝子国際建築設計競技-入選/第3回心豊かなライフスタイルコンテスト-最優秀賞
■防災企画提案:第2・3・4・6回SRF賞-入賞/減災デザインコンペティション2019・2020-優秀賞・審査員賞・入賞/リバイブジャパンカップ2013・2014-入賞
■街づくり企画:日本橋まちづくりアイディアコンペ-佳作/第9回タキロン国際コンペティション-第3位/Barriorless-city-award2018-優秀賞/第36回ディスプレィ産業賞-入賞/京葉ガス街づくりコンクール-優秀賞/日本建築学会設計競技全国佳作
■現代アート出展歴:Smart illumination横浜2018/徳島LEDアートフェスティバル2017/ゲンビ広島デザインブランド2017/神戸ビエンナーレ2011/エネオスパブリックアートコンテストENEOS賞

5歳の子供と遊ぶのが大好きです。

ガラス製造業に勤務。照明、空間デザイン、プロダクトデザインに興味があります。

大学で応用数学をベースにした理論面から数値シミュレーションを学び、会社での実業務では主に熱流体および構造シミュレーションを用いたプロセス開発・設計や商品開発を中心に行って参りました。一方で、光ファイバや光学用ガラス等の材料開発にも従事し、その後、新規材料設計を効率的に行うためのシミュレーション利活用技術開発などに取り組んでおりました。現在は、VR(Virtual Reality)やMR(Mixed Reality)の産業利用方法、および感性の定量化&プロダクトデザイン手法開発に取り組んでいます。

課題や欲求

建築物の反対側の景観や対象が見たい

ソリューションと提供価値

添付資料に記載

コンセプトの詳細

景観に溶け込むという大きなスケールだけでなく、対象物の反対側が透けた場合の活用事例を考えました。建築物の中にいても外部環境と同じ映像体験が可能になります。また視界不良を改善し、安全性を向上させることもできます。