アプリで注文・月額固定で栄養管理も 飲料で社員が健康で気持ちよく働ける会社になるヘルステックサービス

未来のわたしたちに届けたいこれまでにない"飲む"体験
投稿 : 2019/3/31(日) /  公開

メンバー紹介

お休み中
投稿者

Z

課題や欲求

飲むことは「ハッピーへの情報更新」にも

〇課題と解決
「社員が健康で気持ちよく働ける環境づくり」を目指す企業の“社員の健康”と“やる気のUP”という課題を「専用アプリ」とドリンクスタンド・キッチンカーを使い、飲んだ履歴や健康管理を基に解決するヘルステックサービスです。

オフィスでは年齢性別、生活環境、国籍…様々な人が働き、価値観も嗜好も必要栄養成分も多様化しています。成人男性37%、女性27.8%が高血圧(厚生労働省2017)業種や事業所ごと特定生活習慣病もあり、企業の健康経営推進が求められています。

〇体験と継続
社員はアプリで自分だけのオリジナル飲料が注文できます。フレバーやサプリのチョイ足しも可能。料金は月額固定で、カップを戻せば何杯でも好きな容量で再注文できます。アプリでの健康管理だけでなく、オフィスで気分が上がる飲む幸せを体験!また継続することで健康を実感出来ます。
企業はサントリーとヘルステックサービス契約を行い(社員の料金含む)
企業はデータを基に社員の生活習慣病予防・健康増進など行い社員が健康で気持ちよく働ける環境づくりを維持継続します。

ソリューションと提供価値

事業所ごとドリンクスタンド(キッチンカー)を設置し社員が対象です。
専用アプリで注文、健康管理を行い収集したデータから社員、契約企業に健康へのアドバイスをします。

・専用アプリを提供:サントリー
・アプリに社員の健康情報や通勤時間など情報登録:企業・社員
・契約オフィスにドリンクスタンド(キッチンカー)を設置:サントリー
・アプリで飲料(オリジナル)をオーダー:社員
・空のカップを戻すと再注文可能:社員
・支払いは何パターンでの月額固定制:企業へ請求
・アプリ以外の食事や飲料成分の登録:サントリー
・飲食した内容を選択登録:社員
・飲料成分は記録集計、アプリで過剰成分の表示や注意勧告:社員へ
・健康情報の共有、レポートの提出:企業へ
・産業医など通じ社員の健康改善を図る:企業

〇社員
嗜好に合う自分だけの飲料を注文、固定料金(無料も)でお代り自由。
管理画面で健康情報や不足・過剰成分が確認出来、注意勧告も表示。考査加点も

〇提携企業
社員健康状況がデータで把握でき、生活習慣病の予防・健康保持増進を図れる。人材確保と健康経営で業務効率の向上。

コンセプトの詳細

〇情報登録の手間に対して
今案はサントリーと企業様とで「飲料で社員が健康で気持ちよく働ける会社になるヘルステックサービスの契約」するものです。

そのため社員がアプリをインストール・情報登録は企業の社内規定として健康診断の項目に追記頂き、健康診断と同じよう人事考査や場合により産業医のカウンセリングを受けるようします。病気の有無に関わらず登録、更新している場合には一定の人事評価を与え、情報の登録更新しないことが続くと面接指導を行います。健康診断結果と同様に「労務管理、賃金管理、健康管理、人事管理」利用を明記頂きます。

また業健康診断情報からインポートして登録の負担を軽減し、必要な登録、情報更新に関しては記載更新すると評価加算。飲料ポイント贈与などで登録をして頂くよう致します。

〇専用アプリを提供
サントリーが企業(事業所)ごとに提供
健康情報や生活習慣を登録し、商品の注文、受け渡しもアプリで確認
登録情報から不足(過剰)栄養や病気や健康状況により、オススメを表示も
禁煙・ダイエットキャンペーンなど特設プログラムなど追加

〇アプリに社員の健康情報や通勤時間など情報登録
企業のデータからインポートして出来るだけ社員が登録する事項を減らします
社内規定として健康診断のよう社員が行うべき事項と設定頂き、足りない事項は登録頂きます

〇契約オフィスにドリンクスタンドまたはキッチンカーを設置
スタッフに企業様の関係者(内定者、時短)参加いただくことで、回収強化や出前だけでなく、スタンドは集える場所でもあるのでコミュニケーションとして最適です。

〇アプリで飲料(オリジナル)をオーダー
アプリからオリジナル飲料(容量・濃さ・フレバー・栄養成分・サプリ)を注文
(例)コーヒー 粗びき 濃く 紅茶追加 ソイ追加 カフェイン1.2倍 小カップ
*サプリなどは1日1回や何㎎など上限を設定
*個人個人の好みで心地よく嗜好の多様化に対応

〇空のカップを戻すと再注文可能
常に社員の手元には1つカップとします
アプリの画面をかざしカップを戻すと、再度ドリンクの注文が可能に
必ず戻すことでプラスチックなど必ず回収

〇支払いは何パターンでの月額固定制
サブスクリプションモデル(飲みホーダイ月額固定料金)
ドリンクとサプリ、フレバーなどで無料含め4パターンぐらいのコースを作成

オフィス限定の1カップ方式なので飲む量は限られます。
サントリーは企業に請求、企業は福利厚生などで1部負担することも可能

*無料:ヘルステックサービスとして企業と契約し健康情報を登録頂いているため、有料飲料は飲まないという方にも登録を条件に提供

〇アプリ以外の食事や飲料成分の登録
ドリンクスタンドの飲料の成分だけでなく、社食や近隣の食事、他社飲料の成分表。および一般的な食材の成分目安を登録して、栄養情報の補完を社員が簡単に選択出来るようしておきます。

〇飲食した内容を選択登録
社員が飲食したものを、選択し摂取成分を登録する
登録を怠らないと人事考査の加点とポイント獲得などで登録を推奨する

〇飲料成分は記録集計、アプリで過剰成分の表示や注意勧告
健康情報と摂取情報で過剰摂取にならないよう。安全範囲を超えた場合にはその旨を表示する。疾病や生活習慣病、体重などをもとに安全範囲を成分ごとに設定

例)カフェインの摂取についてでは1日400㎎以下であれば悪影響ない(DHHS)。“プレミアムボス”1本あたりのカフェイン129.5㎎。4本目で数値を超えます。“ボス ザ・エスプレッソ 微糖”では1本148㎎。また“サントリー緑茶 伊右衛門 特茶500ml”で90mgは意識せず過剰摂取していることも多く個人情報に合わせ安全量をオーバーした場合には注意勧告を表示し予防を進めます

〇健康情報の共有、レポートの提出
〇産業医など通じ社員の健康改善を図る
サントリーは企業とデータを共有し、企業にレポートを提出する
警告、注意、慢性的に過剰など抽出し飲料+での改善プランを提示。
企業は担当や産業医を通じて社員に改善プランを提示し改善を求める

〇サントリー
事業として持続的利益と健康情報データベースの保持
・企業との契約で継続的な収益
・アプリで飲料嗜好と健康情報の収集
情報から嗜好やニーズの変化、多様化を確認できます
・アプリ更新で機能強化
プログラム追加で健康チャレンジ(ダイエットや禁煙)などキャンペーンがすぐに展開できます。

〇飲むたびにデータの更新
社員が飲むたびにデータが更新されます。それは社員にも企業にもハッピーになるためのものです。