Voice Canceller

価値あるコミュニケーションを実現する近未来のソリューション
投稿 : 2015/12/29(火) /  公開

投稿者

ゆーき
投稿者

普段は総合化学メーカーでR&Dをしておりますが、好奇心で参加してみました。
最近アイデア投稿を始め、多数受賞しております。
現在、第2回MVPアワードで最優秀賞を獲得した実験機器・技術シェアリングサービス「Co-Labo-Maker」の立ち上げを検討中です。
一緒に立ち上げてくれる方を募集中ですので、もし興味があればご連絡ください!
fyuki@co-labo-maker.com
https://www.instant.team/teams/184

課題や欲求

音声入力が意外と活用されない理由の一つは、周りに聞こえるから。
そこで、声をキャンセルする「Voice Canceller」を提案したい。
ノイズキャンセリングのように、逆位相の音を口元のスピーカーから発し、声を相殺。
自分の耳には聞こえるよう、耳にセットしたスピーカーからは検知したそのままの音が流れるため、
いつでもどこでも、周りを気にせず音声通話や音声入力ができる。

ソリューションと提供価値

① 誰のどのようなコミュニケーション課題/欲求に向き合うのか?(WHY・WHO)

 ターゲットはほぼあらゆる層。人がいるところでの電話がためらわれる人。
 タイピングやフリック入力が苦手で、音声入力をしたいが、周りを気にしてためらっている人。
 デスクワーカーよりも、移動が多く、人がいるところに長くいる人、移動中に文字の入力が必要な
 業務の人等はかなり欲しいはず。
 音声入力は便利だが、まわりが気になって使用できない(する気にならない)、という課題。
 また、電話をするとき、周りが気になる、人に迷惑をかけてしまう、という課題。

   
②どのように解決/実現するのか?(HOW)

 ボイスキャンセリング機能付きマイク&スピーカ。価格はある程度高くても問題ない。
 声を出すと、即座に逆位相の音を口元のスピーカーから発生させ、声の音をキャンセル。
 外部への音はキャンセルしつつ、マイクで拾った自分の声は耳元のスピーカでそのまま聞ける。


③どのような価値を提供し、その結果どのような未来が訪れるのか(WHAT)

 これがあれば、いつでもどこでも、周りを気にせず音声通話や音声入力ができる。
 そもそも、音声入力は実用化しているものの、意外と活用されていない。
 その理由の一つは、周りに聞こえるから。
 スマホに話す気にならないのもあるだろうが、日本人の気質もあり、これが主要因と思われる。
 話したことが外に聞こえないようなものがあれば、爆発的に普及することが推察される。
 音声入力の普及により、場合によってはキーボードやフリック入力が陳腐化するかもしれない。
 さらに、ウェアラブル端末で画面を見ながら話せると、音声入力がさらに容易になり、通話でも
 より深いコミュニケーションができて良いだろう。
 可能そうなら特許を。