暮らしを軽くする新飲料自動販売機「Suito by SUNTORY(仮名称:スイトー)」のご提案

未来のわたしたちに届けたいこれまでにない"飲む"体験
投稿 : 2019/4/21(日) /  公開

メンバー紹介

mikimalism
投稿者

Satoshi Takeda
投稿者

杉本 拓斗
投稿者

<経歴>
野村證券株式会社にて営業、株式会社銀座柳画廊、KPMG税理士法人にて秘書などを経験。オーダーワンピースの個人事業立ち上げ経験あり(現在は休止中)。
現在はロボットSier企業にてウェブ/SNSマーケティング企画・広報企画からグラフィックデザインまでクリエイティブ施策を一括で担当しています。

初めまして。武田 慧(たけだ さとし)と申します。現在、大手総合コンサルティングファームにおいて、プロジェクト管理のプロとして活動し、クライアントの経営課題を解決に導く取組を行っております。

課題や欲求

<Customoers' voices 消費者の声>
主婦 :
「夏場は特に常に清涼飲料水を揃えておきたいけど持ち帰りが重い、、。」
「通販やネットスーパーは割高だったりケース買いしなければならなくて不便、、」
「他にもたくさん家事はあるのにペットボトルのゴミ出しはいちいち面倒、、。」

ビジネスマン :
「出張に備えて飲み物を買いたいけど今買うと重くなるし、海外に液体は持ち込めないな、、。」

スポーツマン :
「市販のスポーツドリンクは甘すぎると感じるから好みの薄さで飲みたい、、。」

ソリューションと提供価値

<概要>
従来のように無人で飲料を購入できる自動販売機
♦ 飲料はパウダー/フリーズドライで、グラム毎に量り売りで金額を自動算出
My bottle、または簡易包装にて提供
♦ 必要な方にはその場でMy bottleに水を入れられるよう下部はウォータータンクとなっており、災害時にも活用可能
従来の自動販売機と同じく現金・交通系電子マネー・IDなどクレジットカード決済機能を搭載
♦ ターゲット:主婦、学生、ビジネスマン(20~60代)、スポーツマン
♦ 一次販売チャネル:設置型(スーパー、コンビニ、ホテル、空港など)
 二次販売チャネル:通販・小売(パッケージ化されたパウダー飲料本体を製品として販売)

コンセプトの詳細

Suito by SUNTORY(仮名称:スイトー)は私たちの暮らしを変えます。
「よりスマートに、 よりエコに、 より軽く」


<仮名称由来>
水と生きる(Sui-to)
すいすいと生きる(Suisui-to)
古来からの知恵・水筒(Suito)


<イメージ図補足>
・ 従来のイメージを覆す有機的な丸みを帯びたフォルム。
・ 円形のタッチパネルでより直観的な操作性。飲みたい物を選択、カスタマイズなどの操作。
・ 中央にマイボトル置き場スペースがある


<背景/外部環境>
・ 個人が飲料水へ容易にアクセスできる環境にある(家庭、オフィス、ジムなどでのレンタルウォーターサーバーの普及)。
・ 生活必需品などあらゆるものがネット通販・スーパーなどで購入できる環境において、直接的な重量負荷は個人にとって嫌悪される要素につながり、「より賢く、身軽に」生活する手段が求められる。
・ 個人の地球環境保全に対する意識は、メディアなどだけでなく政府によるレジ袋有料化の検討など益々促進される傾向にあり、マイボトルやマイバッグの所持率、利用機会が増えると見込まれる。