日本の文化や禅を生活に取り入れる事が出来るインバウンド向けお土産、アルミ製お香スタンド「ZEN」

アルミニウムを活用した人々の生活を便利にする新商品アイデア
投稿 : 2020/3/15(日) /  公開

メンバー紹介

Hal
投稿者

mizuha
チームメンバー

池田忠也
チームメンバー

HAPPY佐藤
チームメンバー

本業は自動車会社のカーデザイナーです。個人でWemakeや様々なデザイン活動に関わり、提案をおこなっています。

■WEMAKE参加実績
UACJー最優秀賞、京セラPJ-最優秀賞、LIXILPJ-最優秀賞&特別賞、JR西日本PJ-最優秀賞・フォスター電機-優秀賞、LIXILPJ-優秀賞・三井化学PJ-優秀賞・IBR PJ-特別賞・旭硝子PJ-特別賞(旭硝子主催の展示会へ作品提供)・石塚硝子PJ-ファイナリスト(事業化に向けて推進中)その他ファイナリスト実績多数

2012年〜メーカーでITソリューションのマーケティング・企画・デザイン・開発、M&Aに9年携わる。京都大学 経営管理大学院で新規事業創出を専門に研究し、MBAを取得。2020年に起業し、マーケティングアドバイザーや新規事業支援、ITサービスの企画開発を行っている。

デザイン事務所、大手広告代理店、イギリス大学院卒業後、現地ブランディング会社を経て帰国後独立。規模の大小に問わず日本、英国とざまざまな環境のもと、多くのプロジェクトに参加し、デザイン/ディレクションをしてまいりました。

課題や欲求

日本の観光産業は今、空前のインバウンド需要に沸いていますが、訪日観光客の消費動向に変化が起こり始めています。2,3年ほど前まではお土産として和柄を用いた雑貨や、日本のハイテク家電や化粧品などを買い求める爆買いと呼ばれる「モノ消費」が中心でしたが、現在は下火になってきています。

その一方で、禅体験やサイクリング、温泉巡り、農業体験、着物体験などの日本人の精神や文化を学べたり体感できる「コト消費」を楽しむ訪日観光客が増えてきています。
このコト消費は訪日観光客のリピーターを増やすために重要といわれており、今様々なところでコト消費のプログラム開発が盛んにおこなわれています。

しかしながら日本の文化や精神に興味を持っているコト消費メインの訪日観光客のリピーターを満足できるような日本のお土産が少ないのが現状です。日本の文化や精神を身近に感じられ、彼らの生活に取り入れられるような伝統工芸をモダンにアレンジした質の高いお土産が今、訪日観光客の注目を集めてきていますが、まだまだ少ないのが現状ですし、実際に購入して持ち帰ってみても彼らの生活スタイルに合わないなどの問題もあるようです。

ソリューションと提供価値

そこでコアマシナリーの精密アルミ加工技術を活用した禅文化や日本文化を身近に生活に取り入れることが出来る日本土産、アルミ製お香スタンド「ZEN」を提案する。

■CONCEPT
お寺修行体験、庭作り体験など京都のアクティビティは外人特に西欧人に人気が高い。彼らは日本人の文化や精神考え方に興味を抱いており、そこをもっと知りたいと考えています。福井県の平成27年度の調査によると、ZEN(禅)のコンセプトに魅力を感じる割合は欧米で90.2%、アジアで87.3% となっています。海外でのZENブームは禅にインスパイアされたスティーブ・ジョブズが実践したことにはじまり、近年グーグルやマイクロソフトなど世界の名だたる大企業も社員研修などに座禅による瞑想を取り入れています。瞑想専用のROOMを用意している企業もあるほどで、Iphoneなどに代表される無駄をそぎ落とした美しいアップル製品には禅の精神が取り入れられていると言われています。※下記に続きます






コンセプトの詳細

このようにビジネスへの効果を認めた企業やエグゼクティブが次々に禅の瞑想法を取り入れ、スポーツ選手や歌手、女優などセレブもそれに続き、やがて一般にも宗教色を取り除いたマインドフルネスという形で瞑想は欧米でブームになっており、禅インテリアなど生活にも禅の考え方が取り入られ始めている。


■なぜ「ZEN」は禅に興味のあるインバウンド客に選ばれるお土産になれるのか?

-瞑想はお香と組み合わせることでより効果を高めることが出来る。

瞑想は本来、身体ひとつあればできる行為ですが、その効果をより高める為にあると望ましいとされているのが、火とお香です。お香の香りで部屋を満たし、お香の先に灯る熾火を見詰めながら瞑想を行う人も多いようです。お香が瞑想の効果を高める、最も重要な要素となるのは香りです。人間の感覚のなかでもとりわけ嗅覚は脳に直接作用するとされます。香りの漂う空間で深く呼吸していると脳が直接刺激され、雑念があちこちに散ることが抑えられるそうです。欧米ではお香はインセンスと呼ばれ瞑想時に使用する以外にもリラックス効果を高めるフレグランスとしても親しまれています。すでに欧米の生活にも取り入れられているため、インバウンド客のお土産としてZENをイメージさせるお香は日本を感じさせるインテリア雑貨や装飾品、伝統工芸品などと共に人気が高いアイテムです。

禅に魅力を感じて日本を訪れるインバウンド客に禅の精神を感じられるお香関連商品を展開すればヒット商品を生み出せるのではないでしょうか?


-お香の灰で禅のシンボル円相を描き精神統一できる

瞑想やフレグランスとしてお香を楽しんだ後はトレーに落ちた灰を使って禅のシンボルである円相を描き、さらなる精神統一や禅の精神、宇宙観を感じることが出来、灰を溜めることでより禅を感じるとができるようになる。単なるお香立てとしての機能だけでなく、このようなすこしスピリチュアルな要素や体験価値も加えることで他のお香スタンドとの明確な差別化を図れる。


-日本の伝統色を使用したアルマイトカラーで日本をアピール

日本の伝統色をアルマイトカラーで表現し、バリエーションを用意。禅だけでなく日本らしさもアピールすることが出来、日本のお土産として選ばれやすくなる。またカラーバリエーションを増やすことは洋の生活にも合わせやすい。この日本の伝統色アルマイトカラーをコマシナリーとして開発することは他社のアルマイト加工サービスと差別化することも出来、様々な展開が可能になる。


-アルミ製なので軽量で強いので、かさばらず持ち帰りやすい

空輸できる荷物が限られているため、あまり大きなものや壊れやすいものは好まれない。アルミ製お香スタンド「ZEN」ならアルミ製で軽く、強いので安心して購入していただくことができる。「ZEN」本体のサイズは150mmx150mm、高さは20mmくらいなのでかさばらずにスーツケースに入れることが出来る。


-訪日観光客に人気の高いMADE IN KYOTOを売りにできる

日本といえば京都と言われるくらい、訪日観光客にとって京都は日本の伝統文化や建築を体験できる観光地として人気の場所である。京都府の会社であるコアマシナリーの地の利を生かしMADE IN KYOTOを前面に押しだすことで、新しい京都土産として売り出すことができる。

-販路は全国の観光地、百貨店、お寺、デザイン雑貨店など

日本の禅を体験するため訪日する観光客は多く、全国の観光地やお寺、ホテル、旅館などで禅を体感できる様々なプログラムが行われている(座禅、禅食、
円相アート体験、禅宿泊体験など)。アルミ製お香スタンド「ZEN」なら禅プログラム体験後に購入していだくお土産として売り出しやすく、販路を広げや
すい。また日本の伝統文化などを売りにする多くの観光地のお土産としても全国展開しやすい。


■まとめ
アルミ製お香スタンド「ZEN」なら自国に帰ってからも禅や日本を感じるオーナメントとして日本文化や禅に興味があるインバウンド客に選ばれる最適な日本土産の一つになります。


※詳しいコンセプトの説明はは添付した資料も合わせてご覧ください。この商品で日本の良い文化や精神を多くの訪日観光客に自国へ持ち帰ってもらい、また日本に期待と思えるきっかけになることで、コロナウイルスで大きな打撃を被っている日本の観光産業のサポートのお役に立てればと考えています。よろしくお願いします。