スマートモビリティにおける新規ビジネスアイデア募集!

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

スマートモビリティにおける新規ビジネスアイデア募集!

賞金総額
提案〆切まであと 終了
採用点数 3案予定
主催企業 日本特殊陶業株式会社

スケジュール

2022/1/31(月) ~ 3/6(日) 初期提案(任意)
2022/4/3(日) 23:59 提案〆切
2022/4/4(月) ~ 5/31(火) 一次審査
2022/6/1(水) ~ 7/30(土) 改善
2022/8月下旬予定 最終審査・結果発表

賞金

受賞対象者が複数になる可能性もございます。

該当作品なしとさせていただく場合がございます。

審査の基準

メンバー紹介

ご提案に関するよくある質問

    実際の提案はどこまで作り込めば良いでしょうか?
    顧客の課題、ニーズ、価値を具体的に文章で示していればOKです。作り込んだ画像サンプルの作成も不要です。大手企業様主催のプロジェクトが多いため、膨大な量の提案書を作成しなければならないのか、というご質問を多くいただきますが、顧客の課題やニーズが根拠を持って示されていれば、いわゆる事業計画書レベルまで作り込む必要はありません。こちらのページに具体的に提案サンプルをまとめていますので、ぜひご覧ください。
    提案したアイデアの権利はどうなりますか?
    アイデア(コンセプト)が企業により採択(何からの賞を授与)された場合、ご提案いただいたアイデア(コンセプト)の権利は主催企業に移りますが、受賞されていないアイデアの知財を含む権利は、ご提案者様に帰属したままです。ですので、他のプロジェクトへ再度ご提案いただくことも可能です。詳しくはご提案前にある応募規約をご覧ください。
    提案したアイデア(コンセプト)が選ばれると、主催企業がそのアイデアを具体化してくれるのですか?
    主催企業による一次審査で選ばれたアイデア(コンセプト)の具体化は提案されたユーザーご自身が行います。約2ヶ月間の改善フェーズ期間にアイデア事業化検討に値するレベルまでブラッシュアップしていただきます。
    改善フェーズでは、具体的にどんなことをどのくらいやることが多いですか?
    改善フェーズで行う具体的な行動については、こちらに詳しく書きましたので、ぜひご覧ください。
    共創プラットフォームとありますが、主催企業と共創するのでしょうか。Wemakeと共創するのでしょうか。
    主催企業の担当者、一緒にアイデア(コンセプト)をブラッシュアップしてくれるチームメンバーと共創します。

主催企業

日本特殊陶業株式会社

日本特殊陶業グループは、1936年の創業以来、私たちのものづくりの原点である「総員参加」「良品主義」の理念の下、セラミックスの可能性を探求し、社会の発展に貢献しお客さまとの信頼を築き上げてきました。これからの日本特殊陶業グループは、「これまでの延長線上にない変化」を目指します。環境が急激に変わる中、これまでに培われた「日特ウェイ」という共通価値観(軸)を持ちながら、従業員一人ひとりが行動指針「Change with Will !!」を常に意識し、志を高く持って、社会課題の解決を成し遂げていきます。

会社で提案する方へ

提案者が保有する知財・経営資源を含めた提案を行う場合には、応募規約に定める賞金授与による投稿コンセプトの知的財産権の移転とは別に、 コンセプトの実現に必要な知財・経営資源の実施・使用の条件について、プロジェクト主催企業と別途協議するものとします。

提案に含める知財・経営資源の内容については、コンセプトの提案フォームに記述する箇所を設けてありますので、そちらから詳細をご記入ください。

※1. 経営資源とは独自の商品やサービス、技術や知見、ノウハウ等のことです。
※2. 知的財産をお持ちの個人の方も同様に提案することができます。