低コストな有機発光デバイス
を活用した事業アイデア
京セラ株式会社主催

最優秀賞(事業化検討+100万円)

未公開

LECを活用した自動車内装用「光る装飾パネル」の提案

Hal
投稿者

Kiryu 貴流
チームメンバー

Ryuta Sonobe
チームメンバー

uni
チームメンバー

審査講評
将来のADAS社会を見据えた提案という点が興味深く、高く評価しました。 車というどちらかといえば無機質なのりものをより人に寄り添う有機的な乗り物にする技術としてLECを活用していると考えます。LECの特徴を活かした提案に加え、車から照明が、人に情報を与え、安心感を与えるという技術としてLECの優しい光は有効であると考えます。LECで未来のモビリティがより気持ちのいいものになることを期待します。弊社の事業展開においても親和性が高いと考ます

優秀賞(商品化検討+50万円)

未公開

発光するファブリック『fabLEC』

鈴木 岳彦
投稿者

本多 由実
チームメンバー

審査講評
まず、ネーミングが素晴らしい。fabLEC! LECを布などの柔らかい素材に形成し、面で発光させる柔らかい光の実現。自然光による人への効能の期待。という点を高く評価しました。人知れず自然とよりそう最新技術として、将来社会に求められる技術と考えます。COVID-19の影響もあり、ニューノーマルに移行していく中で、家の中で過ごす時間が圧倒的に増えていっています。そのような生活様式の変化に対応して、生活の質を向上することを期待します。

総評

この度は、京セラ(株)主催の「低コストな有機発光デバイスを活用した事業アイディア」に対しまして、たくさんのWemakeコミュニティーメンバーの皆様に興味を持っていただき、ありがとうございました。弊社として、Wemakeコミュニティーに参加させていただくのは初めての試みであり、プロジェクトページや説明会で、皆様にLECについて十分ご理解いたたけたか不安でしたが、思いもかけず、326件もの初期提案をご投稿頂きました。投稿していただいた皆様へのフィードバックも充分ではなく、ご不便をおかけしました。
わたくし共では思いつかない、自由で、斬新なアイディアの中から、プロジェクトメンバーによる一次審査において6案を採択させていただき、改善フェーズへ5案を進めさせていただきました。新型コロナウイルスにより社会状況が一変する中、各チームにおかれましては、主にwebミーティングで議論を繰り返し、最終発表会までの約2か月間、ブラッシュアップをしていだきました。
最終発表会では、新しい生活様式に則って、あらかじめ収録頂いたプレゼンテーションをweb会議を通じて発表する形式となりましたが、いずれのチームも、ユーザー目線からの欲求、課題に対して、明確なソリューションを提案いただいた質の高い発表でありました。
入賞作品のコンセプトは、弊社においてLECの研究開発を通じて、事業化の実現性を検証してまいります。Wemakeコミュニティーの皆様、誠にありがとうございました。